ホーム > ホットヨガについて > ホットヨガのメリット及び注意すべき点

ホットヨガのメリット及び注意すべき点

 ホットヨガとなりますと、多量に汗をかくことを通してデトックス作用があり、エネルギッシュな体になれるという印象がありますが、それのみならず多くのメリットがあります。
まずホットヨガはシェイプアップ効果があります。
ヨガのポーズについてはストレッチを行なっているように感じられますが、実際のところインナーマッスルの育成でもあります。
インナーマッスルを鍛え上げることを通して基礎代謝が上進すると、脂肪が燃え易いコンディションになります。
その結果、シェイプアップ目的でホットヨガスタジオを訪れる方が非常に多いです。
つまり ホットヨガはインナーマッスルを向上させることで代謝活動が高くなり、ステップごとに締まった体になっていくという、緩やかに効果効能があらわれるシェイプアップ方法といえます。

 ホットヨガについてはトレーニングジムに比べて気楽な気持ちで足を運ぶことが出来ることから、大勢の人に高い評価を得ているエクササイズになります。
ホットヨガには美肌作用があります。
毛穴に詰まっている老廃物に関しては汗と一緒に体外に流れることから、発汗するホットヨガに取り組むことで、肌トラブルを良化することができ、フレッシュなきれいな肌に蘇生します。
それに加えて、きちんと毛穴そのものが開閉することによって、締まった毛穴となって肌が魅力あるように見えます。
また、ホットヨガに関しては肩こり並びに冷え性を適正化する効果もあります。
ホットヨガについてはゆっくりと温めながら取り組むエクササイズですから、運動する量が多くなくても汗がでます。
ホットヨガに取り組むことによって身体全体が温まると、末端まで血の流れが循環しますので、肩こりが克服できたり、冷え性が良くなります。

 シェイプアップや肩こり改善などのお効果が見られるホットヨガですが、身体上の負担になるケースがあります。
ホットヨガはオーソドックスなヨガとは異なり、室温が40℃ほどで湿度が60%以上あるスタジオを利用することによって実施します。
日常と異なる環境に慣れずに様子がおかしくなったり、熱中症や脱水症状等を生じさせるリスクがあります。
熱中症や脱水症状を阻止するには、まめに水分補給を行なって、休憩することが重要になります。
インストラクターも、レッスンの合間を縫って水分補給を指導しますが、自分自身でもまめに水分補給に取り組むように気を付ける必要があります。
また、温度差によって自律神経が崩れる可能性が考えられます。
スタジオと室外を往復すると、寒暖差で人体に悪影響を及ぼすケースがあります。
とりわけ自律神経の活動が崩れるケースがあるので気を付ける必要があります。

次の記事へ